概要  会社沿革  企業行動指針  中期経営方針 

中期経営計画  事業報告

概要

社名 東北七県配電工事株式会社
代表者 代表取締役 武田 啓之
本社所在地
  • 〒984-0015
  • 宮城県仙台市若林区卸町2丁目14番地1
  • アクセス
  • TEL. 022-231-2411
  • FAX. 022-231-2404
資本金 4,200万円
設立 平成16年8月9日
従業員数 93名(平成30年10月1日現在)
関係者 1,914名(平成28年4月1日現在)
役員 取締役相談役

渡会 昇

取締役相談役

奥村 孝

代表取締役

武田 啓之

専務取締役

横田 眞二

常務取締役

佐藤 市雄

取締役

高橋 知二良

取締役(新潟支社長)

倉嶋 勝廣

監査役

渡邊 徹

 

部長

支社長

配電部長兼宮城支社長

阿部 克彦

青森支社長兼配電部長

笹原 幸成

山形支社長

長岡 正直

取引銀行 七十七銀行、山形銀行、荘内銀行、きらやか銀行
建設業の許可 特定建設業 電気工事業 国土交通大臣許可(特-26)第21162号

会社沿革

平成16年8月 会社設立
平成18年3月 本社移転
平成20年3月 気仙沼営業所開設
平成25年4月 石巻営業所新築移転、仙南営業所開設
平成29年1月 築館事業所移転
平成29年4月 登米営業所開設

企業行動指針(平成28年11月8日改正)

社是:電気事業を通じた快適な地域社会への貢献

厳しい経営環境において、従業員一人ひとりが企業倫理と法令を遵守しながら誠実かつ安全で施工品質の高い事業活動を行い、地域社会はもとより発注者からの信頼を揺るぎないものとするため、そのよりどころとなる「東北七県配電工事企業行動指針」を制定する。

行動原則

1.安全確保を最優先とした高い品質の確保

従業員の安全と健康の維持は何よりも優先される最重要課題であるという認識のもと、法令等を遵守することはもとより、常に安全施策の展開と施工品質の向上に努めます。

2.企業倫理・法令遵守の徹底

  1.   法令の遵守
  2.  当社事業に関わる全ての法令と法の精神の遵守を徹底します。
  3.  企業倫理の徹底
  4.  経営の進め方や業務の処理等の企業行動の決定にあたり、当社および協力会社全体で、常に企業倫理を徹底します。

3.地域との協調と企業信頼度の向上

地域社会の一員として、地域社会との協調・協力を図り、相互理解に基づく信頼関係を構築していきます。

4.個人の尊重と風通しの良い活力ある企業風土づくり

当社および協力会社の従業員に対して、個人を尊重(人格、個性、プライバシー)し、性別等による差別は行いません。また、風通しのよい活力ある企業風土づくりと改善していく組織文化の醸成を図ります。

中期経営計画

当社は、東北電力株式会社殿管内の配電設備を施工する会社として、「安全」「品質」を第一に、インフラ整備を担う企業という自負心を持ちながら、中期経営方針(2017年―2021年)に基づき順次社内整備を進めています。

2019年度以降は、マーケットも大幅に減少が見込まれ回復の兆しが見えない中、中期経営方針の定量目標を大幅に修正は行うもののベースの施策に大きな変更はなく、対象期間の中間期でもあり、優先順位と方向性を見極めながら、基づく主要施策を展開し経営目標である東配工ブランドの確立を図ることとしております。

2019年中期経営計画(概要版)

 

事業報告

2018年(15期)事業報告