平成31年度 入社式

平成31年3月18日(月)に入社式が行われ,6名の仲間が加わりました。

入社式では,武田代表取締役より,東日本大震災以降の当社の取組みを背景とした新入社員に期待することや,政府が進めている働き方改革に対する当社の考え方について話がなされました。

又,「新しい東北をつくる,新しい東北七県配電工事をつくるという気概と誇りを持って活躍されることを期待しています。」とお祝いの言葉が贈られました。

最後に,新入社員の代表が「地域の発展に貢献してきた先輩方の精神を受け継ぎ,当社の社員としての誇りと使命感を胸に,自己研鑽に励んでまいります。」と誓いの言葉を述べました。

以下,代表取締役からのお祝いの言葉全文です。

新入社員の皆さんへ

皆さん,入社おめでとうございます。

本日,6名の皆さんが,東北七県配電工事株式会社の一員としての第一歩を踏み出されたことにつきまして,まずは,会社を代表して心からお慶び申し上げます。

【東日本大震災以降の当社の取組み】

現在,建設業界は,来年開催の東京オリンピック・パラリンピックに向けたインフラ整備等に加え,東日本大震災から8年が経過したものの現在も継続されている復興事業等で多忙を極めており,建設業が果たすべき役割は山積しています。

また,当社は電力設備の建設や修繕を主な事業としており,東日本大震災で被災した電力設備の復旧,復興工事を東北電力株式会社と一体となって成し遂げることができるということは,我々の誇りでもあります。

皆さんもそれぞれの営業所で先輩の行動や言葉から,強い使命感と団結力,何よりも現場技術力を学び自分のものにしてほしいと思います。

【新入社員の皆さんに期待すること】

~「わくわくした気持ち」を持って変革に挑戦しよう~

さて,近年,わが社における経営環境も電力システム改革という大きな変革のなかで,非常に厳しい状況にあります。

変化の激しい時代には,私たち一人ひとりが,会社や職場の課題を認識するとともに,これまでのやり方で満足せずに,変革への意識を持つことが重要です。

まずは,会社での新しい経験を「真白な気持ち」で受け止め,明るく前向きに取り組むことで,職場の上司や先輩に良い刺激を与え,職場を活性化させてほしいと思います。また,皆さんにとっては,現場の実戦に立つということは,見るもの,聞くもの全てが新しく,新鮮な感覚で受け止めることができると思いますが,そういった感覚こそが皆さんの強みです。皆さんの「新鮮な気持ち」で新しいことを考え実践することの積み重ねが,皆さんの今後の会社生活,そして事業活動の面でも物事を良い方向に変えることにつながっていくものと確信しております。

~お客さまや地域から信頼される社員を目指そう~

私たちの事業を行っていくうえで,関係する皆さんは東北電力に限らずすべてが当社のお客さまです。

競争の時代において,もっとも大事なことは「お客さまや地域からの信頼」をより一層向上させていくことです。「信頼は当社の事業基盤」であり,どのような時代にあっても変わるものではありません。今般入社された皆さんはまず,職場において何が最善なのかよく考えて,誠心誠意仕事を全うすることが信頼を得る第一歩となります。

社外においては「東北七県配電工事の社員としての自覚と責任」を持つことは言うまでもありません。皆さんは入社を果たした時から社会人としての守るべき規律と責任が生じます。先輩が築いてきた信頼を裏切ることのないよう,プライベートにおいても当社の社員であるという自覚を持ち責任のある行動に徹してほしいと思います。

【働き方改革について】

働き方改革については,皆さんご存知のとおり本年4月以降,改正法の適用開始が始まりますが,当社の考え方は従来から「従業員を大切にする会社を目指す」ということです。それは,永く社会や地域に認められ,その役割と使命を果たすうえで重要となる経営基盤が「人」すなわち「人財」であると考えているからです。

そのために,当社では現在,従業員がやりがいと誇りを持って働くことのできる職場環境の実現に向け,ワークライフバランス推進のため様々な施策の展開をしているところです。

特に,皆さんのような若手の社員が,働くときは働き,休む時はゆっくり休めるようなメリハリのある職場環境が提供できるようにさらに改善しているところですので,安心して働いてほしいと思います。

【最後に】

皆さんは,平成最後,つまり新しい時代の幕開けとも言える節目の年に入社することとなり,平成に立ち上げた当社の歴史とともに感慨深いものがあります。しかしながら,冒頭申し上げたとおり東日本大震災で大きなダメージを受けた東北地域の復興は,いまだ道半ばの状況です。

電気という公共の重要な社会インフラを作る我々の仕事が,地域の発展に寄与することは言うまでもありません。皆さん一人ひとりが,「新しい東北をつくる,新しい東北七県配電工事をつくる」という気概と誇りを持って活躍されることを期待して,私からのお祝いの言葉といたします。

一緒にがんばりましょう!

代表取締役 武田啓之

以下,新入社員代表からの誓いの言葉全文です。

誓いの言葉

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL